「果物は太る」は誤解!果物の正しい食べ方とは?

果物は、ダイエットに最適な食べ物です!

果物はとても甘くて美味しいため誤解されやすいのですが、「果物は太る」というのは誤りです。果物の果糖と、砂糖(ショ糖)は大違い!!

酵素をたっぷり含む果物は、体内酵素を使わずに消化できます。体内酵素を節約し、カラダへの負担が少ない食べ物です。

消化の際に体内酵素を使いすぎると、代謝のための酵素が不足します。酵素が節約できると、エネルギーが代謝に回り、代謝が良くなります。

つまり、やせやすくなるということです。

水分と食物繊維をたっぷり含む果物は、デトックスに最適です。水分と食物繊維が腸のお掃除をします。


血糖値の上がりやすさを示すGI値という指標があります。

ほとんどの果物のGI値は、他の糖質食材と比べて低いです。

「果物は糖尿病に悪い」というイメージも誤解です。果物に含まれる食物繊維は、血糖値の急上昇を抑制します。

食事をすれば、血糖値は必ず上がります。ゆるやかに上昇し、ゆるやかに元に戻るなら問題ありません。糖は、エネルギー源として、筋肉や各細胞に運ばれます。

血糖値の急上昇には問題があります。血糖値の急上昇とは、血液の中が”糖分だらけ”になっている状態です。

1度にたくさんの糖は処理できませんし、1度にたくさんの糖は必要ありません。余った糖分は、中性脂肪に変換され、体内に蓄積されていきます。

日本糖尿病学会では、糖尿病患者にも1日80Kcalの果物(みかんなら2個程度)を摂るようすすめています。

血糖値に問題のある人は、果物よりも多い量のレタス、セロリ、きゅうり、白菜などを一緒に食べるとさらに良いでしょう。


【GI値(グリセミックインデックス):血糖上昇指数】
数字が大きいほど、血糖値が上がりやすい

コーンフレーク 81
白いご飯 77
精白パン 74
フレンチフライ 70
さつまいも 51
バナナ 51
ぶどう 50
桃 42
オレンジ 39
りんご 37

※Am.J.Clin.Nutr.,83(5):1161-1169(2006)より



【果物の利点・効果】
果物は分解されやすく、酵素の節約ができる

果物を食べると代謝が良くなる

果物は水分と食物繊維が豊富

果物を食べると腸がキレイになる

果物は血糖値の急上昇を抑える


ただし、果物には正しい摂り方があります。果物を正しく食べる限り太りません。

【果物の正しい食べ方】

1. 生で食べる

2. 空腹時に食べる

3. 他の食べ物と一緒に食べない



1 新鮮な生の果物を食べてください

缶詰やフルーツパイ、焼きリンゴなどはもちろん、ドライフルーツでもない生の果物が最適です。加熱されると、水分やほとんどの酵素、一部のビタミンが失われます。

水分や酵素がたっぷり含まれているから、ダイエットに最適なのです。加熱してしまったら、ダイエット効果は失われます。

ドライフルーツについて
お菓子を食べるよりは、ヘルシーです。
栄養が凝縮されているため、栄養価も高いです。

しかし、糖分も凝縮されています。

生の果物ならば少量で充分と感じるのですが、水分がぬけて縮んだドライフルーツは1度にたくさん食べることができます。ドライフルーツはついつい食べ過ぎてしまうのです。

市販のジュースについて
流通させるためには、殺菌が必要です。市販のジュースは、熱処理をされています。熱を加えられた果汁は、体内を酸化させます。

身体は酸を中和させようとして、余分な水をため込みます。それがむくみの原因であり、体重を増加させる原因です。

果汁100%であっても、1日分の野菜が摂れると書いてあっても、健康や美容、ダイエットの役には立ちません。


加熱をしていないジュースもあります。低温減圧、凍結などの方法で果汁を濃縮し、水で薄めて還元する”濃縮還元”と呼ばれるジュースです。

その場合でも、果物が本来持っていた水分ではなくなっている点、食物繊維が取り除かれている点で、生の果物で作ったスムージーとは別物です。




2 果物は空腹の時に食べてください

果物は酵素が豊富で、消化しやすい食べ物です。胃を20分から30分で通過します。

ところが、胃の中に他の食べ物があると、果物は通過できずに停滞して、発酵します。毒素を発生させ、腸を汚します。代謝が悪くなる原因です。

”食後のデザート”は、間違え。
米やパン、麺類、肉や魚などの一般的な食事をした後に、果物を食べると不必要な糖分を摂ることになります。

余分な糖分は、エネルギーとしてすぐに使われませんから、中性脂肪に変えて貯蔵されます。

果物を空腹の時に食べるなら、お腹いっぱい食べても太りません。


3 他の食べ物と一緒に食べないでください。
2の理由と同じです

【補足】
果物を食べるのは、朝食が最適です。特に、果糖が脳のエネルギーとなります。

逆に、夜は控えたほうが無難です。休息にむかう夜は、多くのエネルギーを必要としないため、糖が余りやすくなります。

【参考図書】
「フィット・フォー・ライフ」
ハーヴィー&マリリン・ダイアモンド著/グスコー出版

「50代からの超健康革命」
松田麻美子著/グスコー出版


スムージーダイエット基本方針 

あなた本来の美と健康を取り戻す!スムージーダイエット

【スムージーダイエット基本方針】

1.健康第一!

2.なぜ、肥満がいけないのか?

3.やせていれば良いというわけでもない

4.重要なのは見た目!

 

1. 健康第一!

世の中には大切な物がたくさんありますが、「健康」が何よりも1番重要だと思います!

あなたも、きっとそう感じていらっしゃいますよね?

他の物とは比べ物にならないくらい、健康は尊いものです。

だって、健康は命に直結しているから!

 

「ダイエット」というと、勘違いされちゃうことが多いのだけどね・・・
体重さえ減れば、それで良いとは思っていないのよ。

体重が減っても、元気がなくなったり、やつれたり、健康を害してはまったくもって意味ないでしょ~!

ダイエットの目的は、いまよりもステキになること。美しくなること。

本当の美しさは、健康という土台の上に成り立つのです。

美しく健康になるのが、正しいダイエット

お金があれば、ヘルスコンサルタントを雇ったり、上質のサプリメントを買ったり、無農薬の野菜を買ったり、ヘルシーな食品を買ったり、ある程度の健康を買うことができます。

だから、お金も必要です。

無農薬、オーガニック食品、お高いですからね・・・

しかし、いくらお金があっても、健康でなければ意味がありません。

健康であるからこそ、働いてお金を稼ぐことができます。

健康であるからこそ、世のため人のために活動することができます。

健康であるからこそ、本当の幸せを享受することができます。

健康であることは、家族への愛です。

健康であることは、社会貢献です。

 

私はスムージーダイエットを通して、多くの方に健康の尊さを伝えていきたいと思っています。野菜とフルーツの健康効果を伝えていきます。

 

2. なぜ、肥満がいけないのか?なぜ、やせなければならないのか?

太っていると、腰や股関節、ひざ、足首などに負担がかかります。突然痛みが出て、歩くことも困難になっていきます。

それまで気づかず放置している方がなんと多いことか!何年も何十年も負担をかけてきたのですよ!突然ではないのです。

いや・・・気づいてはいるけど、人は痛い目に合わないと、動かないということなのかも・・・

痛くなる前に対処してほしい。太り過ぎは、自分のカラダをいじめています。

自分虐待ですよ・・・

今は数値的に何の問題もなく、元気かもしれません。

しかし、太りすぎは、未病。東洋医学では病気と同じであると考えます。

肥満は、病気のリスクが高まります。
寿命が3年から10年短くなるといわれています。

ある日突然、病気になるわけではなく、5年10年15年かけて、カラダの中でひっそりと進行していきます。

「病気になったら、病院へ行けばいい」という思考はやめましょう。

薬で症状を抑えることはできますが、薬にも、お医者さまにも、病院にも、病気を治す力はありません。※これは、生活習慣病についての指摘です。医療を否定しているわけではありません。病院へ行かなければ治らない病気もあります!

薬を飲めば、痛みや症状が治まるかもしれません。しかし、それで「治った」と思うのは勘違い。根本原因を取り除かない限り、治りません。

そのまま放置しておくと、大変なことになります!

病気を治せるのは、自分自身に備わっている治癒力のみ。

自然治癒力の限界を超えると、取り返しのつかないことになります。

肥満を解消することは、病気予防です。健康でいることは、社会貢献です。

 

【肥満の悪影響が及ぶ病気・症状】

2型糖尿病

高血圧

脂質異常

心臓病

脳卒中・脳梗塞

睡眠時無呼吸

甲状腺機能低下

乳がん

子宮内膜症

月経困難症

不妊

更年期障害

関節炎

など多数

 

3. やせ過ぎも不健康

やせ過ぎもまた、健康的ではありません。

モデルさんのように”ガリガリに”やせることはおすすめしません。

あなたの”骨格に合わせた適正体重”が目標

個人差があるので、なんとも言えませんが、BMIが一応の目安になります。

BMIが18.5~25未満が「普通体重」とされています。

BMI(ボディマスインデックス) = 体重kg ÷(身長m×身長m)

18.5未満      低体重
18.5以上25.0未満  普通
25.0以上30.0未満  肥満1度
30.0以上35.0未満  肥満2度
35.0以上40.0未満  肥満3度
40.0以上       肥満4度

たとえば、身長158センチ、体重50キロの方だと

50(kg)÷(1.58×1.58)=20.0288415 よってBMIは20(普通)

身長160センチ体重65キロの方が、BMI22を目指すとしたら

体重=BMI×身長m×身長m

22×1.6×1.6=56.3キロが目標体重ということになります

BMIに科学的根拠はありません。
筋肉量の多い人ほどBMI値が高くなるので、疑問もあります。

見た目で判断するのが、1番だと思います。

 

4. 重要なのは「見た目」

体重はどこにも書いてありません。本人にしかわからないことです。

体重が増えても減っても、本人の自己満足の世界。

体重はただの数字。気にしすぎるのはやめましょう。

自分の肥満度を客観的に把握できるのは、見た目です。

とはいっても・・・、体脂肪はすこし気にしたほうが良いかも。

 

鏡を見ていますか?

太っている人は、体重を測らなくなったり、鏡を見なくなる傾向にあります。
現実逃避ですね!

客観的に把握することは重要
自分とむきあうことが重要

自分は本当に太っているのか?どのくらい太っているのか?

毎日鏡を見て、客観的に見た目で測ってください。
逃げてばかりいたら、何も変わりません。